• ホーム
  • サイトのバックリンクの否認はなぜ必要なのか

サイトのバックリンクの否認はなぜ必要なのか

バックリンクの否認は必要とされていますが、メッセージ内に不自然なリンクがある場合はその対応が特殊となります。原因として外部リンクであることもありますが、マイナス要素が多く不適切な方法で順位を下げるマイナス要素しか持っていないからです。
該当するリンクがどれになるかは自分で探す必要がありますが、その修正方法も不適切であれば難しくなります。サイトへつけるリンク元のサンプルをダウンロードし、リンクデータを取得します。人為的なリンクのリストを作成しますが、バックリンクなども重要な要素となっています。またリンクの中から不適切と言われるものや、警告されたもの・悪質なものは必ずリスト化して行きます。
サイトへ人為的なリンクを指定しながらサーチコンソールを用いている場合は、リンク元の所有者に連絡をします。リンクを貼っているとされるサイトの管理者が、他の管理者にSEO業者として依頼する必要もあります。リンクの増やし方は対応してもらえなかったり、連絡先がわからないなどのトラブルのリンク否認を行います。リンクを削除したり、増やし方は、連絡先がわからない時のリンク否認を行います。手動ペナルティにより警告を受けた場合は、それらもリスクなので業者に依頼すうることとなります。
手順を知っておくことで、自演などの行為でのペナルティは解除されにくい傾向があります。悪質な業者が原因となって手動ペナルティが発生してしまう可能性もあり、業者のリンクが原因となってリンク対策が無為に見なるケースも存在しています。手順を変えるだけで、サイト運用者にとっては知らないところからのリンクが原因で、ペナルティが一度でも課されることは内容にします。
再審査リクエストを送信した後は2週間ほど待つ必要があり、リクエストを送信した後は審査に数週間かかるというケースがあります。審査が終わって結果に関してのメッセージを受け取ることを、公式で発表しているので2週間以上結果しても音沙汰がないときは、再審査リクエストにミスがあったか送られていない確率が高いです。
再審査リクエストに記述することは、サーチコンソールに再審査リクエストの項目があるので利用します。サイトの品質に関しての問題を明確に発表することや、問題を修正するための手順を怠らないこと、取り組んだ結果を文章にまとめて提出します。原因やそれらを取り巻く取り組みを文書を使って、求める必要もあります。

関連記事