• ホーム
  • 中古ドメインにはアタリ・ハズレがあるので注意

中古ドメインにはアタリ・ハズレがあるので注意

スマホを見る女性

トップレベルドメインはSEO対策に必要なものですが、これだけの使用では効果がほとんどありません。新しいトップレベルドメインに関しては、解除をしてGoogleでの取り扱いも有利に働くこと・不利に働くこともないとしています。中古ドメインを取得して始めるSEO対策は、実際にドメインを選ぶときの指標になります。
もう一つの目的は、良い文字列である中古ドメインや、サイトの名前を取り入れたドメインなどを手に入れることができる面もあります。サテライトサイト構築に最適とされている中古ドメインは、取得してからすぐに使えるというもので、品質は厳選されているので安心して使うことができます。
さらにSEO効果を最大限に引き出すために、アクセスのリストを見ることも大切です。新規で登録していたり、サインインをするときは、中古ドメイン販売でアクセス中古ドメインも取り入れています。トップレベルドメインに注意が必要で、サーチコンソールにてターゲットを決めて地域の設定をすることが可能です。
しかし、Googleはインデックスをするケースも多く、ターゲットの地域を自動的にしてくれます。最終的にサイトのターゲットとしている地域が、あらかじめ分かっていて明確な場合は、地域に合致しているトップレベルドメインを利用することが推奨されています。国内を表しているトップレベルドメインは、JPですがこれは色々な場面で見かけることが多いです。
JPドメインは基本的に、日本に住所があると個人であっても、組織であっても登録することができます。漢字やひらがなを使用しているドメインも存在しているので、さらに、会社名などを入れることも可能です。これらを用いている条件を満たしている組織であることに意味があり、ドメインを見るだけで誰かを知ることができます。
これは利用者に安心感を与えることができる大きなメリットがあり、ペナルティを受けたことがある中古ドメインは良質ではありません。スパムドメインも存在しているので、運用履歴は必ず調査しサーチコンソールも駆使します。インデックスはユーザーに対して安心感を与えるための方法でもあり、SEO対策としても課題となります。
検索順位以外では、ユーザーにも影響を与える可能性があるものを選ぶ努力が必要です。ペナルティが課されていたり、スパムドメインであることも調査をするとすぐにわかることができます。Googleに問い合わせをし、ペナルティを解除してもらうこともできますが、それは確かではないので不確かなものを利用しない方が、時間の無駄になりません。

関連記事
人気記事一覧