• ホーム
  • 中古ドメインを見つけたらサイト構成とキーワードを決める

中古ドメインを見つけたらサイト構成とキーワードを決める

タブレットを持っている男性

中古ドメインを使用する上でのポイントはサイト構成や、キーワードを決めることですが、キーワードプランナーはキーワードが検索されている数や、出稿しているキーワードを新しく見つけることでGoogleの広告で役に立つツールです。Googleでは独自のデータを基にして、最新のキーワードや検索ボリュームはもちろんのこと、過去のコンテンツの運用歴などを提供しています。
入力するキーワードやフレーズに関係しているものも全て取得することができ、キーワードに対しての競合サイトも知ることが可能です。Google広告に出向することが目的のツールですが、SEO対策でも重要なキーワードとなり選定をしていきます。調査することが可能で、利用している人は多いとされているので検索ボリュームの表示制限についても知っておくことが大切です。
バックリンクはキーワードプランナーはもとより、Googleで広告に出向するためのツールですが以前は無料で全ての機能を使うことができました。しかし、現在はGoogle広告で出稿していないアカウントについては、検索ボリュームが不確かな数値として表示されるようになっています。
このように一部の利用が制限されているので、さらに検索ボリュームがおよその感覚で表示されるようになります。仕様変更はキーワードプランナーでも行えますが、グーグルのアカウントが必要になるので本来の広告を出すために必要となっています。Googleアカウントの他にも登録を別の機会に行う必要がありますが、アカウントをすでに持っている人は広告のページからログインをすることが可能です。
広告を出向する際必要ではありませんが、一部の利用に制限があることもありサイトの質などを厳選していきます。バックリンクは新しくキーワードを検索するという方法で、獲得することができるクリック数は予測を確認できます。またそれぞれ項目別に詳しく調査することができるので、難易度もかなり低いです。
メイン機能を利用するときには、SEOを探すことになりますがキーワードやサイトの質の選定に必要なツールを知ることができます。中古ドメインはコンテンツを作成したときに有効ですが、競合サイトなどを確認しつつ探していきます。サイト構成も対策しているキーワードを入力することで、関連している候補一覧を見ることができます。難易度は難しくないですが基本的な対策の方法を頭に入れておくことで失敗しません。

関連記事
人気記事一覧