• ホーム
  • 共起語を用いたサイトでSEOって効果あるの?

共起語を用いたサイトでSEOって効果あるの?

タブレットを見る女性

ターゲットキーワードは関連キーワードとも言いますが、それらを詰め込んでいるコンテンツは基本的に評価されることがありません。少ない数でのターゲットキーワードの出現率を、それなりに作っているコンテンツであることをGoogleに伝えるような方法です。ターゲットキーワードのみを使ってそれを作るのではなく、コンテンツ自体にテーマのまとまりを持たせ、関連しているものを作っていきます。
SEO対策をするにあたって、ページ内にそれぞれの単語がたくさん入っているとそれだけでは単語の意味を知ることが不可能です。これを評価してしまうことは、スパムなどが増える原因になるので不可能となります。サジェストでは知りたいユーザーにとって、外部対策や共起語・内部対策の内容を知ることができます。
具体的には様々な施策がありますが、コンテンツの質を上げるためのもので関連ワードで効果を上げるようにします。質が高いまとまりのあるコンテンツについては、ユーザーの意図や目的を根本的な面から理解することでうまくいく傾向があります。関連キーワードを調べることは様々なツールがありますが、サジェストなどでコンテンツに盛り込むことは不可欠です。実際に上位表示されているページから関連キーワードを調べるようにすると、上位表示されやすくなりユーザーが欲しがっている有益な情報を掲載する傾向があります。
共起語の効果については関連キーワードとは少し違った側面から興味を持つこともありますが、これは文字通りですが少し意味が異なるケースもあります。ツールで調査をすると、キーワードで上位表示されているページからの出現率が高くなります。この一覧を参考にすることでワードを好きなように選んで、質の高いコンテンツを作り上げることができます。
これを調べるにはツールがたくさんありますが、比較して厳選することも大切です。SEO対策でもコンテンツを補足することもありますが、これによりGoogleがさらに検索キーワードにふさわしいとするページを優先する傾向があります。質の高いコンテンツが必要となっているのは、これが理由で実際に上位表示されているページから調査していきます。
これをコンテンツ作りの参考にし、他の切り口でオリジナルのページを作ることも可能です。内部対策の要因が一つではとても難しくなりますし、内容によってはさらにサイトの質を上げる必要があるかもしれません。

関連記事
人気記事一覧