• ホーム
  • Googleが推奨しているサイトとは?

Googleが推奨しているサイトとは?

価値のあるコンテンツは多くの人のテーマになっていますが、基本的にはユーザーの利便性にそっているコンテンツを作ることが基本です。コンテンツはキングだという言葉もありますが、このようなキングになるための言葉は提唱されていません。ユーザーから見てもGoogleから見ても良質なサイトであることが、キングと呼べるコンテンツの条件となります。
Googleガイドラインに違反していないよい品質のコンテンツを理解することが、今後の課題となっています。ユーザーにとって良質である検索結果は、世界中のユーザーに検索してもらう必要があります。検索結果を有益なものにしていくことで、Googleが提唱しているよい品質のコンテンツを提供することができます。
公式でのガイドラインで検索ユーザーに利便性があるコンテンツこそ、良質なコンテンツであると発表しているので明らかです。この点は公式発表されている文章で知ることができますが、検索エンジンだけではなくユーザーのことを最優先にしながらコンテンツを作る意識付けが大切になります。
どのようにするとサイトに独自性や魅力があるサイトと呼べるようになるのかを考えることで、同じジャンルで他のサイトとの差別化を図っていきます。中古ドメインで過去の運用履歴でペナルティが課されているものは、隠しリンクなどを使用していた可能性もありますし、取得した後にわかった場合は解除申請を行うこともできます。
しかしこの違反の解除は確実にしてもらえるわけではないので、難しい人は初めから利用しないほうがよいかもしれません。ペナルティは多くの場合、隠しリンクなどをあらゆるところに貼り、ユーザーのことを最優先にしていないものをユーザーの利便性を考えながら作成しているケースです。解除申請はGoogleに問い合わせて行なっていきますは、解除には時間がかかるだけではなく、却下されるケースもあるので注意が必要です。
中古ドメインでも関連性を見つけることも一つの手段で、グーグルの検索結果でヒントを得ることもできます。関連性のあるキーワードを始め、入力時の予測変換サジェストキーワードなども存在しています。検索クエリはGoogleが提供しているデータを用いることで、利便性を汲み取ることもできます。検索ニーズに対しては競合サイトがどのような対応をしているか調査しますし、上位表示がされているコンテンツの分析をすることも重要です。

関連記事
人気記事一覧