• ホーム
  • SEO対策で使用するなら中古ドメインが有効

SEO対策で使用するなら中古ドメインが有効

タブレットを使用する女性

SEO対策で使用するには新規ドメインよりも、中古ドメインが有効とされていますが、ドメインオーソリティを意識することでさらに効果が高まります。これは公式のサイトでも定義されており、SEO対策キーワードでインデックスされる場合は、自動取得ができる専用のツールを案内してもらえます。
ドメインオーソリティは開発されているスコアで、サイトが検索エンジンの結果でどのくらいランクつけされているかを予測する方法です。このスコアは範囲が1から100までとなりますが、ランク付けの能力が高いものはスコアも必然的に高くなります。Googleでの検索結果で上位化されるケースは1から100のドメインオーソリティで、そこから確認をすることができます。
外部リンクの要素を被リンク数で表すと、評価を示しているページランクと似ている部分もあります。重要な被リンクを基本としているので、そこからスコアが算出されサイトの評価を数値で把握します。ドメインエイジはツールバーが昔、廃止されているので、サテライトサイトなど目に見える範囲での数値がなくなり完璧な把握が難しくなっています。
目に見えてわかる数値の代わりに、ドメインオーソリティが支持されていることも現状です。ドメインオーソリティの重要性で、Googleとのやり取りがありますがページランクの効果は頻繁に更新されないということです。この部分に集中するべきではなく、キーワードで1位になるには必須の条件もあります。
ドメインエイジはドメインオーソリティが重要な要素だという、明確は答えを見ることはできません。また本来はGoogleが出している指標のサテライトでの重要性が最も高く、重要ということは明確ではないです。どちらも似ている指標なので、参考にする程度で把握しておくことはポイントです。
検索エンジンの上位表示を狙うことは結果的にSEO効果を狙っていることで、インデックスもされやすくなります。中古ドメインを使用する場合は質の良いものが理想で、被リンク数も多い方が良いです。また逆に被リンクも質が悪いコンテンツから受けているケースがあり、この場合は取得しても逆にペナルティを課されるケースがあります。
サテライトではさらにこの部分が重要視されているので、しっかりと厳選することが基本です。ドメインオーソリティではさらに、SEO対策を狙って検索エンジンでの上位表示を狙っていくことが望ましいです。

関連記事
人気記事一覧